スポーツあれこれ by 星野恭子

ロンドン市東部のストラトフォードに広がる、「クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク」。5年前の熱狂が、いつまでも。

2012年の熱、ロンドンで脈々と

※写真上:ロンドン市東部のストラトフォードに広がる、「クイーン・エリザベス・オリンピック・パーク」。5年前の熱狂が、いつまでも。

7月は14日から23日まで開催された、「世界パラ陸上競技選手権大会」の取材で、今年2度目のロンドンに行っていました。

熱戦の舞台は、ロンドンスタジアム。2012年ロンドンオリンピック・パラリンピックでも使われた競技場です。スタジアムのある「オリンピック・パーク」は取り壊された施設も多いですが、それでも象徴的なタワーなど当時の面影が残されています。

5年ぶりに訪れた私は遠くからその姿を観て、あの史上最高に盛り上がったロンドンパラリンピックの様子を思い出し、「懐かしい~、ただいま!」といった気分になりました。

オリンピック・パーク内に設置された、”青空ジム”。大人も子どもも、車いす利用の人も、気軽にエクササイズ!

それに、この公園、ちゃんと使われているんです、今も。私はパラ世界陸上開幕2日前の夕方に現地入りしたのですが、芝生で寝転ぶ人がいたり、遊具で遊ぶ子どもたちがいたり、外周をジョグするランナーがいたり……。イベントの時だけでなく、日常になっているんです、きっと。

スタジアムでも、たびたび陸上の国際大会が開かれています。義足のジャンパー山本篤選手も2012年のパラリンピック以来、ほぼ毎年このスタジアムで競技をしているそうです。天候も観客の雰囲気もよく、「ロンドンは好き」と話していました。

もちろん、今回開催された「パラ世界陸上大会」も大盛況でした。連日2~3万人もの観客が訪れ、ビールを飲みながら選手に大声援。家族連れは親が子どもに、「スタートのときは、シーよ」なんて観戦マナーを教えていたりと、あちこちに羨ましいシーンが!

ロンドンはちゃんとオリンピック・パラリンピックのレガシーが残っているのです。施設というハードはもちろん、「スポーツを楽しむ文化」というソフト面さえも。

羨ましいなあ~と帰国したら、『新国立競技場、球技専用に』という、まさかのニュースが……。東京2020の陸上競技の舞台は、レガシーになれないんですね。「トーキョー大好き。2020年以来、毎年、走ってるわ」というコメントは、陸上選手からは聞けないのかなと思うと、残念。

まもなく、「東京2020」開幕まであと3年(8月25日)。「開催してよかった~」とあとから思えるようなモノやコト、何か残せるといいなと、強く願います。

==========
■寄稿:パラ世界陸上関連
“もうひとつの世界陸上”、まもなく開幕! 世界パラ陸上選手権ロンドン大会(ノーボーダー/2017年7月3日付)

リオ2冠王者を破り、パラ陸上の佐藤友祈が東京につながる金メダル2個(スポルティーバ/2017年7月21日付)

義足の女子ジャンパー前川楓が「あの名選手」の助言で掴んだ銀メダル(スポルティーバ/2017年7月26日付)

2012年のパラリンピック開催地・ロンドンが熱狂。「世界パラ陸上選手権」で日本は過去最多のメダルを獲得(パラサポ/2017年7月27日付)

世界パラ陸上選手権、日本のメダルは16個! 2020年東京パラへ、ロンドンから学ぶこと(ノーボーダー/2017年7月24日付)

=========
■寄稿:その他
⇒【デフリンピック】
オリ・パラ”だけじゃない! アスリートが目指す、世界最高峰の舞台のあれこれ!(ノーボーダー/2017年7月10日付)

⇒【デフリンピック】
夏季デフリンピックが閉幕。日本は過去最多、金6個を含む全27個のメダル獲得!(ノーボーダー/2017年7月31日付)

⇒【ブラインドサッカー】
まもなく開幕、ブラインドサッカーの日本一決定戦。激しく熱い戦いに期待!(ノーボーダー/2017年6月26日付)

==========
■講演:
障がい者スポーツ研修会『パラリンピックのボランティア』新潟・十日町市ネージュスポーツクラブ/2017年6月24日)

==========
■ラジオ出演:
すっぴん:スポーツ自由形(NHK第一/2017年6月26日)

(kh)

アーカイブ

取材や寄稿、講演など
お気軽にご相談下さい

著書

いっしょに走ろっ!―夢につながる、はじめの一歩

「走る」をテーマにさまざまな人々の挑戦を集めた一冊。2012年ロンドンパラリンピック出場を目指す、義足のジャンパー中西麻耶選手と義足職人やコーチたち、全盲のランナー和田伸也選手と伴走者たち、そして、視覚障害ランナーの伴走ボランティアに挑む福井県の中学生たちのドキュメント。

伴走者たち―障害のあるランナーをささえる (ドキュメント・ユニバーサルデザイン)

「障害があってもスポーツを楽しみたい」人たちと、周囲で支える人たちを追いかけた一冊。視覚障害や知的発達障害のある人たちと伴に走る人々の絆や、脚を失った人たちと義足をつくる職人の信頼関係のストーリー。

ユニバーサルデザイン―みんなのくらしを便利に〈2〉くらしの中のユニバーサルデザイン

図鑑「ユニバーサルデザインーみんなのくらしを便利に」シリーズの1冊。障害のある人やいろいろな立場の人の、それぞれの使いやすさを考えて工夫されている商品やサービスに注目。前半では製品のユニバーサルデザイン、後半では情報のユニバーサルデザインについて、豊富な写真と専門家の解説などで紹介。