スポーツあれこれ by 星野恭子

6月3日から8日までスウェーデンのマルモで開催された「ゴールボール世界選手権2018」。日本男子(左)は初戦でカナダを11-6で撃破!(撮影:星野恭子)

世界選手権、やってます
<6月度まとめ>

※写真上:6月3日から8日までスウェーデンのマルモで開催された「ゴールボール世界選手権2018」。日本男子(左)は初戦でカナダを11-6で撃破!(撮影:星野恭子)

「パラ(スポーツ)にも、世界選手権って、あるの?」

たまに、聞かれます。「パラリンピック」の名前は少しずつ広まってきましたが、パラスポーツ全体のことは、まだまだ知られていないなと感じます。そこで今回は、パラ選手が目指す大会について、少しご紹介します。

地元スウェーデンの代表選手をモデルにした「ゴールボール世界選手権2018」の看板

世界選手権も、最高峰のパラリンピックに続くステータスある大会として、多くの競技で開かれています。他にもアジア選手権などの地域別大会、さらにはワールドカップなどもあります。国内では日本選手権も行われています。競技ごとに開催頻度など細かい設定は異なりますが、選手たちはこうした大会を目標に日々の練習に励んでいます。

私は今年、6月初旬にスウェーデンで開かれた「ゴールボール世界選手権2018」を取材しました。ゴールボールは視覚障がい者のスポーツで、公平に競うため、全員がアイシェードを着け、暗闇のなかでプレイするのがルールのパラリンピック特有のスポーツです。

「音を頼り」にプレイするゴールボール選手を邪魔しないよう、観客には「沈黙」が求められる。会場入り口にはこんなサインも

ゴールボールの世界選手権は4年に1度行われていて、今年は地域大会などを勝ち抜いた男子16チーム、女子12チームが集結。この大会では、男女とも上位3位に入ったチームには次のパラリンピック、つまり、東京2020パラリンピックへの出場権が自動的に与えられることになっていました。予選リーグから決勝トーナメントまで6日間で繰り広げられた熱戦は、なんと100試合以上!

男子はブラジル、女子はロシアが手にした「ゴールボール世界選手権2018」の金メダル

「攻撃型」「鉄壁の守備」などチームカラーは多彩で、1点を取るためにち密な戦略と培ったチームプレーを駆使したガチンコ勝負の連続です。どれも見応えたっぷりで、ゴールボールの醍醐味を堪能しました。日本は女子5位、男子9位と残念ながら目標だったメダルはつかめませんでしたが、2年後の東京パラリンピックに向けて、それぞれ手応えと課題がつかめた様子。さらなる奮起に期待です。

さて、今年は8月だけでも、ウィルチェアーラグビー(5日~10日/オーストラリア)、車いすバスケットボール(16日~26日/ドイツ)、パラカヌー(22日~25日/ポルトガル)などで世界選手権が行われる予定です。日本チームも出場予定で、世界の頂点を目指して世界トップランカーたちとしのぎを削ります。皆さん、ぜひ応援ください!

==========
<2018年6月度>
■寄稿:
⇒【パラスポーツ】
ゴールボール世界選手権開幕、ウィルチェアーラグビー大会優勝・・・新着ニュースいろいろ!(ノーボーダー/2018年6月4日付)

⇒【ゴールボール】
ゴールボール男女日本、あと一歩及ばず。2020年へのリスタート(ノーボーダー/2018年6月11日付)

⇒【ゴールボール】
東京への切符争奪戦・2018IBSAゴールボール世界選手権を現地レポート(パラリンピック競技・ゴールボール|女子)

(パラサポ/2018年6月18日付)

⇒【ゴールボール】
守って、投げる。シンプルなプレイの裏にち密な戦略~奥深いゴールボール!(ノーボーダー/2018年6月21日付)

⇒【ゴールボール】
ゴールボール男子日本代表、メダルを狙った世界選手権で無念の9位(スポルティーバ/2018年6月24日付)

⇒【ゴールボール】
パラリンピック初出場への挑戦! 2018IBSAゴールボール世界選手権を現地レポート(パラリンピック競技・ゴールボール|男子)(パラサポ/2018年6月25日付)

⇒【大会情報】
パラスポーツを観にいこう! 7月~8月開催の主な大会情報(ノーボーダー/2018年6月25日付)

⇒【ボランティア】
平昌冬季パラリンピック・ボランティア現地視察リポート(全3回)vol.1 初めてのボランティア、初めてのパラリンピックで広がった可能性/キム・ドンウ(Kim Dongwoo)さん/22歳/学生(ボラサポ/2018年6月12日付)

⇒【ボランティア】
平昌冬季パラリンピック・ボランティア現地視察リポート(全3回)vol.2 オリンピックとパラリンピック、両大会を経験して/ウォーレン・エリックソン(Warren Erickson)さん/69歳/無職(引退)(ボラサポ/2018年6月25日付)


==========
■雑誌寄稿:

『クリール8月号』ブラインドランナー道下美里選手特集ページ


『ランニングマガジン・クリール8月号』
・道下美里ドキュメント&インタビュー(p36-41)
・伴走してみませんか~初めてのブラインドマラソンガイド(p76-81)(ベースボールマガジン/2018年6月22日発行)
==========
■ネットTV出演:
『ニューズオプエド』
ゴールボール~世界選手権取材報告&魅力を解説(オプエド/2018年6月18日)

(kh)

アーカイブ

取材や寄稿、講演など
お気軽にご相談下さい

著書

いっしょに走ろっ!―夢につながる、はじめの一歩

「走る」をテーマにさまざまな人々の挑戦を集めた一冊。2012年ロンドンパラリンピック出場を目指す、義足のジャンパー中西麻耶選手と義足職人やコーチたち、全盲のランナー和田伸也選手と伴走者たち、そして、視覚障害ランナーの伴走ボランティアに挑む福井県の中学生たちのドキュメント。

伴走者たち―障害のあるランナーをささえる (ドキュメント・ユニバーサルデザイン)

「障害があってもスポーツを楽しみたい」人たちと、周囲で支える人たちを追いかけた一冊。視覚障害や知的発達障害のある人たちと伴に走る人々の絆や、脚を失った人たちと義足をつくる職人の信頼関係のストーリー。

ユニバーサルデザイン―みんなのくらしを便利に〈2〉くらしの中のユニバーサルデザイン

図鑑「ユニバーサルデザインーみんなのくらしを便利に」シリーズの1冊。障害のある人やいろいろな立場の人の、それぞれの使いやすさを考えて工夫されている商品やサービスに注目。前半では製品のユニバーサルデザイン、後半では情報のユニバーサルデザインについて、豊富な写真と専門家の解説などで紹介。